犬の薬案内ステーション

フィラリア薬で成虫も駆除できるの?

フィラリアの薬は、基本的にフィラリアの幼虫を駆除するための薬です。ではその薬を使って、フィラリアの成虫を駆除することも出来るのでしょうか。それとも、薬では成虫を駆除することは出来ないのでしょうか。

「基本的に、薬で成虫を駆除することは出来ません」

一般的なフィラリアの薬は、さほど副作用や毒性が強くない代わりに、攻撃力もそこまで強くありません。なので、薬で駆除することが出来るのは、あくまでフィラリアの幼虫だけです。(それも、駆除の効果があるのはその当日だけです。しばらくすればまた新しいフィラリアの幼虫に寄生されます。)

フィラリアの成虫が相手だと、通常の薬で駆除することは出来ません。薬を飲ませることで、フィラリアの成虫に悪影響を与えて、寿命を縮めたりすることは可能ですが、一気に駆除まで追い込むことは出来ないのです。

ですので、フィラリアが成虫に成長する前に、きっちりと毎月、薬で駆除しておくのが一番よいでしょう。

「特別な薬を使えば、薬で成虫を駆除することも可能です」

先に述べたように、一般的な薬ではフィラリアの成虫を駆除出来ません。しかし、それはあくまで一般的な薬の場合です。特別に強力な薬を使えば、一気にフィラリアの成虫を仕留めることが出来ます。

これを見て、じゃあ毎月薬を飲ませる必要はないのかと考えた方はちょっと待ってください。実はこの強力な薬には、大きな副作用があります。薬を使うことで、駆除されたフィラリアが血管に詰まったり、ぺットの肺や心臓などに悪影響を与えたり、その他数々の副作用を引き起こしてしまうのです。

だからこの薬は、ぺットの健康を考えるとそう簡単に使えません。なので、フィラリアの成虫を薬で駆除するのは、どうしようもない時のための、最終手段だと考えておいたほうがいいでしょう。

「まとめ」

一般的な薬で駆除出来るのは、フィラリアの幼虫だけです。フィラリアの成虫まで駆除することは出来ません。特別強力な薬を使えばフィラリアの成虫を駆除することも出来ますが、強い薬は副作用も強烈なので、なるべく使わない方がよいでしょう。

犬の薬案内ステーションTOPへ