犬の薬案内ステーション

フィラリア薬を犬が食べないのですがどうしたら?

フィラリア薬には錠剤タイプ、チュアブルタイプがあります。
このうち錠剤タイプは口を開けさせて奥まで入れることが必要でした。
犬によっては嫌がることが多いのですが、そんなときでも犬の好きな味が付いているチュアブルタイプなら食べてくれることが多いです。
しかしチュアブルタイプでも食べてくれない犬も見られました。

滴下型の薬を使用する

そんな犬の飼い主さんでも滴下型の薬なら手軽にフィラリア予防が行えます。
ピペットと呼ばれるスポットが付いており、1か月に1回犬の被毛を分けてピペットの先をあてがい、滴下して使用します。
蚊の発生が始まる時期から発生が終わる時期の1か月後まで使用します。
シャンプーした後でも皮膚や被毛が乾いた状態であれば使用が可能です。
口を開けて飲まさなくて済むために楽、ノミの予防も一緒に行えると言うメリットがあります。
飲ませた後に吐き出してしまう心配も無いです。
その代わりに皮膚が敏感な犬には使えないことがある、滴下後からシャンプーするまで期間をあけることが必要、被毛が短い犬の場合は液だれすることがあると言うデメリットがあります。

注射して貰う

その他にも注射して貰うと言う方法があります。
動物病院でのフィラリア予防接種は持続期間が長いと言うメリットがあります。
12か月効果が持続するものなら1年に1回だけで済むため、うっかりフィラリア薬を忘れると言う心配もないです。
1年1回なら動物病院の混雑時期を避けて予防接種して貰うと言ったことも可能、お仕事などで何かと忙しい方でも大丈夫です。
その代わりに副作用が心配と言うデメリットがあります。
料金は犬の体重によって変わりますが、3kgまでならおよそ6000円です。
1年に1回なのでそれ程大きな負担にはならないものの、錠剤タイプやチュアブルタイプと比べると高めです。

順番に試してみる

錠剤タイプがダメならチュアブルタイプ、チュアブルタイプがダメなら滴下型、滴下型がダメなら予防接種と順番に試してみると良いでしょう。

犬の薬案内ステーションTOPへ