犬の薬案内ステーション

フィラリア薬は病院で処方してもらうべき

フィラリア薬は蚊が飛ぶ時期から蚊がいなくなる時期に大切なペットに投与しなければならない薬ですが、最近では通販でもフィラリア薬を販売していますが実際に安全性はあるのかどうなのか不安になられる方がいらっしゃいます。そこで通販と病院のフィラリア薬の安全性について教えたいと思います。

市販のフィラリア薬

最近になってフィラリア薬の通信販売がメインになってきていますが、実際にどこがメリットでどこがデメリットなのかが焦点になってきます。フィラリア薬の通販のメリットとしては値段が安いということです。フィラリア薬の値段として普通は一粒500円から3000円くらいかかってしまいますが、通販だと一粒100円くらいから購入できるので飼い主の負担を軽減してくれます。また一度に多くのフィラリア薬を購入することができ費用的には安く済むので良いと思います。しかし、安全性について考えてみると通販のフィラリア薬だと保証はありません。またフィラリア薬の期限がありそれがいつ製造されいつまで薬としての効き目があるのか明確ではないのです。また病院で処方されるものではないので薬のちゃんとした使い方がわからなくなります。

病院での処方の安全性

通販では使い方や安全性については詳しくは明記されていないので、安全性については保証できないのでもしも大切なペットに何かあってはどうしようもありません。安全性を考えるのであればかかりつけの病院でフィラリア薬をちゃんと処方してもらうことが1番良い方法だと思います。病院での処方はフィラリア薬の使い方や期限など明確に分かりますし、詳しく説明してくれますので安心して治療ができます。大切なペットのことを考えると安全性を第一に考えると良いと思います。

医師が処方するフィラリア薬を

薬の期限、薬の効き目や使い方をきちんと知るためには動物病院での説明を受けなければ大切なペットに負担をかけてしまいます。より安全に治療をするのであれば医師が勧めるフィラリア薬をもらい投与するのが1番良いことだと思います。

犬の薬案内ステーションTOPへ