愛犬にフィラリアの薬を服用させたいのですが上手な飲ませ方はありますか?

犬は蚊に刺されると、場合によってはフィラリアの幼虫がうつってしまい、それが心臓に寄生してしまうと命を脅かされることがあります。なのでフィラリアを予防するための薬は、犬の命を守るためにも飲ませなければなりません。

犬の性格によっては薬を飲むのを嫌がる場合があります

犬はかなり利口な動物なので今まで見かけたことのないものを見た際は、においをかいだりして何かをある程度把握する能力があります。フィラリアの予防薬に関しても食べ物とは少し様子が違い、いつも食べているドッグフードなどと比較してみると味もほとんどないので、食べ物ではないと判断して食べない場合もあります。特に行動が慎重な性格の犬に関しては、単にエサの入れ物に入れただけでは服用できない場合もありますし、人間が無理に口に入れて飲ませようとしても飲み込まずに後でこっそり口から出してしまうこともあるのです。

フィラリアの予防薬を飲まない犬への上手な飲ませ方

フィラリアの予防薬をなかなか飲まないという場合でも飲ませる方法はあります。まずいちばん簡単なものとしては、食事のドッグフードの中に混ぜたりしてわからないようにして自然に食べさせてしまうことです。またパンやお菓子などは普段は与えない方がいいですが、薬を飲ませる時に限ってはアレルギーがない限り挟んで一緒に食べさせても問題はないです。またかつてはフィラリアの予防薬といえば人間の薬と同様に錠剤であることがほとんどでしたが、近年はより飲みやすくしようということで見た目も味もドッグフードのようなタイプの薬もあります。錠剤のタイプの薬は警戒して服用しなくても、ドッグフードみたいな薬であれば犬も薬とは気づかずに服用できる可能性も高いので、獣医に頼んで変更できそうならしてもらうことをおすすめします。

フィラリアの予防薬は確実に服用させましょう

このようにフィラリアの予防薬はさまざまあるので、犬にわからないようにして服用させることは可能です。なので犬が警戒してなかなか服用しない場合でも、諦めずにさまざまな手段を使って確実に服用させるようにしましょう。

フィラリアの薬は注射もあるということですが何かメリットはありますか?

フィラリアの幼虫を体に持った蚊が犬を刺した時、状況によっては幼虫が犬の心臓に寄生してフィラリア症という命を脅かすような病気になってしまうことがあります。フィラリア症の予防は薬でできるのですが、よく使われているものとして内服薬があります。しかし薬の種類は注射もあり、犬によっては内服薬を選ぶよりも注射を選んだ方がいい場合もあります。

犬の性格によっては内服薬を嫌がることもあります

犬も人間と同様、鈍感な性格の犬もいれば非常に神経質な犬もいます。内服薬に関しても、特に問題なく服用してくれる犬もいますし、無理やり口に入れても頑なに飲もうとしない犬もいます。フィラリアの内服薬については現在は錠剤のものだけでなく、チュアブルタイプというドッグフードに見た目も味もそっくりなタイプのものもあり、以前よりは飲みやすくなっています。しかしチュアブルタイプの内服薬でも神経質な犬は薬であることを暗に気づいてしまい、飲もうとしない場合もあります。フィラリア症を確実に予防するためには薬を使用する以外方法はないのですが、この薬を飲ませたいと思っても簡単に服用してくれない愛犬に対して悩みを抱えている飼い主も多いのです。しかしそのような場合でも注射薬を使用することで予防は可能です。

フィラリアを注射薬で予防するメリットについて

フィラリアの予防薬として注射を選ぶメリットについてはさまざまです。例えば飼い主が高齢の場合、犬の種類によっては内服薬を飲ませたりスポットタイプの薬を一定の部分に垂らすということについて、体力が追いつかずにできない場合もあります。そのような場合は動物病院で注射薬を打ってもらうという方を選んだ方が、犬にとっても飼い主にとっても安全です。また内服薬の場合は飼い主が動物病院まで薬を取りに行き、自宅で使用する日がいつかを覚えておいて自分で予防薬を与えることになるので忘れてしまうおそれもあります。しかし注射薬ならば動物病院に犬を連れて行くだけで投与してもらえ、それ以外は飼い主自身がすべきことはないので、忘れやすいという人でも安心できるのです。

犬に内服薬を飲ませる自信がなければ積極的に注射薬を選びましょう

このように内服薬は一定の時期に飼い主が毎月服用させる必要がありますが、注射薬は種類によっては1年1度、時期を問わずに受けることが可能です。なので犬の性格により内服薬を服用させるのが難しい場合、または飼い主が内服薬を服用させることに自信がない場合は注射薬を選ぶ方が適切です。